出逢いはネットのゆう&きぃ☆ 漢なゆうと乙女なきぃが綴るよもやま話♪♪ 最近はきぃのラグマス(ラグナロクマスターズ)のプレイ日記がメインです。殴りプリで遊んでます。 本家ROを知らない初心者なので、内容も初心者向けになっています。

2018年1月から中国版ラグマスを遊び始め、11月にSEA版に移行し、そして2019年6月から日本版へ٩(´ᗜ`*)و
待ちに待ってた日本語で遊べて幸せです(/ω\)

よく参照されてる記事はこちら
20190919_eva_02a.jpg
20190603_cook_02a.jpg
[ラグマス情報まとめ]プレイ日記ブログだけど[ぷち情報サイト]作りました


よく確認させていただいてるおすすめの外部サイト
monster_01a.jpg 20190919_update_02a.jpg

資格試験を78%予測的中→子どもたちの未来の資格取得について考えてみる。 @きぃ

 0
20181123_00.jpg

子どもたちの未来の資格取得について、ある日の昼休みにゆうとLINEで話した内容の記録です。
 
 
 
 
話題の中心は宅建士試験の予想問題をAIが予測したら78%的中した、という話。
外部リンク:AIの的中率「78%」、宅建士試験の予想模試(ITmedia エンタープライズ)

 
LINEだとログが流れていってしまうので、備忘録としてブログに残します。
お互い自由に喋ってるので、事実と違う箇所があったらごめんなさい。
 
- - - - - - - - - - - - -
 
ゆう:『ソードアート・オンライン アリシゼーション』日商プログラミング検定とコラボ
https://web.smartnews.com/articles/foZMoHdTJkq


きぃ:コラボでPRって。笑

ゆう:その資格がドコまで有効性があるのか…知りたいんやけどね。
 
きぃ:プログラミング検定だから、就職、転職じゃないかな。会社にいる状態でとっても意味ないこと多い。
 
ゆう:じゃあ大人向けというより、これから働き始める子ども達向けな訳か。でもさ。子ども達を採用する側の大人が検定内容とかレベルを分かってな有効性が保たれへんと思うねんけど、そこはちゃんと会社側が把握するのかな。てか、日商の内容が世界基準で通用するのか疑問。
 
きぃ:検定側のほうが、これくらいのレベルって指針出してると思う。以前取得したITパスポートや、情報セキュリティマネジメントもレベル付けされてる。
 
ゆう:ほほぉ。世界基準で通用する内容なら、子どもたちのスキルの1つの指標として利用しても良いかも?

きぃ:世界基準かは分からん。日本国内なら基準になる。でも将来的に、で考えると、資格は微妙になってくるかもよ。
 
ゆう:どう微妙なん。

きぃ:活動実績が求められると思う。
 
ゆう:資格を取っただけでは…ってこと?資格+活動実績?
 
きぃ:未来問というのがあってね。過去問じゃなくて未来問。宅建士試験をAIが出題予測したら、78%を的中したみたいよ。他の資格試験にも派生するんじゃないかって言われてる。

ゆう:え?(きょとん) ※スタンプ

きぃ:未来問が熱いよ。あれ?難しかった?

ゆう:うんうん。 ※スタンプ

きぃ:出題予測ができるってこと。

ゆう:AIが考えて予測してるんでしょ?

きぃ:事前に試験内容が分かるんだったら、資格試験の重要性がガタ落ちするでしょ

ゆう:でもそのAIを受験者の誰もが持てる訳じゃ無いでしょ?もしくはその情報が巷に流れる訳では無いでしょ?

きぃ:有料か無料かまでは見てないけど、でも、サービスとして既に開始してる。

ゆう:え、巷に出回ってんの?

きぃ:うん。

ゆう:なんだって! ※スタンプ

きぃ:あ、伝わった。笑

ゆう:解答を見たりしてる訳じゃなくて、勝手に予測してるだけだから、信頼性が低いという前提の元のヤマカンて訳か。今の所、信頼性が低いヤマカンを買うの買わないのは自由って市場原理か。違法にならない訳か。

きぃ:これまでの過去問全部をAIに学習させて、これまでの出題頻度や各カテゴリの重要度をもとに、出題予測してるみたい。違法でないと思う。

ゆう:違法じゃないやろね。ヤマカンだもん。でも予測の実績から信頼性が高くなったら話は別やね。

きぃ:78%の的中率だから既に信頼性は高いよ。出題する側がどう対策するかを考えたら、過去問と同じ問題で数字だけ違うとか、そういう出題はなくなるんじゃないかなと思ってる。ちゃんと対策するならの話だけど。

ゆう:きぃさんがちゃんと対策する…仕事側の人やったら、例えばどうする?

きぃ:試験作るっていう仕事の人が作ってるわけで、ちゃんと作ろうとしたらその分時間かかるし企業としては工数がかかるから人件費的にマイナスになるよね。そう考えると、予測するAIに対抗して、試験を作る側もAIに任せるようになるんじゃないかな。

ゆう:AI対決?

きぃ:同じAI使ったら同じ問題になっちゃう可能性があるから、別のAIで。あり得る話だと思う。今回の試験予想は試験予想に特化したAIで、オンライン学習サービスがAIを開発してる会社とタッグを組んで作った専用のやつ。

ゆう:それ最強の攻略グループやね。

きぃ:オンライン学習サービスが作ってるから、他の試験にも派生するだろう、というニュースでした。

ゆう:その予測内容が有料なら、単純に金を持ってるやつは合格できて、貧乏なやつは地道に頑張るしかないという状態になるのか。

きぃ:調べたら無料だったよ。
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1810/24/news048.html


ゆう:今は無料やけど、その内有料の可能性もあるよね。

きぃ:そうかもね…

ゆう:だから資格+実績かー。

きぃ:あ、ちょうど休憩終わりー
 
- - - - - - - - - - - - -
 
ということで、休憩時間を全部使って今後の資格について会話してみました。
 
ぜんぜん休めなかった…笑。
 
 
世の中の進歩についていくのって大変ー(/ω\)
 
 
スポンサーリンク
最近読まれている記事はこちら


0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply