出逢いはネットのゆう&きぃ☆ 漢なゆうと乙女なきぃが綴るよもやま話♪♪ 最近はきぃのラグマス(ラグナロクマスターズ)のプレイ日記がメインです。殴りプリで遊んでます。 本家ROを知らない初心者なので、内容も初心者向けになっています。

2018年1月から中国版ラグマスを遊び始め、11月にSEA版に移行し、そして2019年6月から日本版へ٩(´ᗜ`*)و
待ちに待ってた日本語で遊べて幸せです(/ω\)

▽ショートカットリンク(画像をタップ)
20200922_03d.jpg
20200922_02b.jpg
20200922_04c.jpg
20200726_pet1a.jpg20200814_02f.jpg20200814_04d.jpg
monster_01a.jpg

ラグマス関連の新着記事一覧(外部サイト)

「凛」と「凜」の違い @ゆう

 0
カテゴリー: 日々徒然@ゆう
 さて、昨日のブログでも書いたとおり、我が家にくる第一子の名前には「凜」の字を使うわけだが、この漢字、実は同じ意味で「凛」の字も存在する。パソコンでの普通の変換だと「凛」になる人が多いんじゃなかろーか。(私のパソコンもこっちしか変換しない) それくらい、凛の方が一般的になっている。
 だが、その違いは何なのか。調べてみると、こんなことが分かった。

 まず、何で同じ意味の良く似た字が存在するのか。その理由はこちらをご参考に。簡単に言うと、「・・・過去に政府がJIS漢字を改訂していく上で、漢字のコードを入れ換えてしまい,約300字の字体を替えてしまった事が原因。このせいで、例えば自宅のパソコンで「凜」と入力して作ったデータを職場に持って行っても、職場では「凛」と変換されてしまう、という事態になってしまった。因みにこの失敗は1983年と1990年にやらかしていて、凛の字は1990年の時に発生した」そうだ。割と最近のことでビックリ。
 意味合い的に正しいのは元々あった「凜」の方。その理由もこちら。触りだけ話すと、「・・・凜(リン)はつめたさを意味する漢字なんだけど、リンという音は旁の稟から来ていて(ニスイで意味を、稟で音を示す)、この稟という漢字は「米倉」という意味をもち、これは漢字の成り立ちからいって示(神様に関するものを意味する部首)ではなく、禾(穀物に関するものを意味する部首)でなければ、意味が通じない」のだとか。
 
 なので、1990年以前に名前で凜がつく人は、大体「凜」になってると思う。で、それ以降はパソコン変換すると「凛」ばっかり出てくるようになってしまったので「凛」が一般的になってしまった、という話。

 以上のことを踏まえてきぃさんと話し合った結果、うちでは「凜」の方を採用することになった。理由は、漢字の成り立ち・意味合いとして正しいものだから。
 人名漢字として今でも使えるし、変換も手書きパッドとか使ったらすぐ出てくるし、大きな問題はないかな、というのが追加理由。多分普通に変換されないから、名簿とかでよく凛と間違われて入力されるだろうけど、それはその都度訂正していけばいいだけの話で、障害の内には入らない、というのがきぃさんと私の感覚f^^;
カテゴリー: 日々徒然@ゆう
スポンサーリンク
最近読まれている記事はこちら



0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply